タグ:お料理道具 ( 5 ) タグの人気記事

かなりショックなこの状況(大泣)
ル・クルーゼのソースパンがぁぁぁーー。

お豆を煮ていたのをすっかり忘れてバタバタと家事をしていた年末にやっちまいました。
青大豆が黒豆に変身ですよ〜。アハハ。
お豆さん、ごめんね(泣)

でも!こんな時は慌てず、まずは冷ましま〜す!!
f0166084_0235289.jpg


冷めてから焦げた食材をそっと取り出します。
この時、無理せずに取れる分だけ。
すっかり炭化してますよ・・・。
f0166084_024160.jpg


お水(お湯でも OK)と小さじ2〜3杯の重曹を入れて弱火で沸騰させます。
沸騰後10分煮てから冷まします。
f0166084_0241266.jpg


ゴムベラで中を優しく混ぜてみると重曹パワーで焦げがペロリンと剥がれてきます。
f0166084_0242173.jpg


冷めてから柔らかいスポンジと中性洗剤で洗います。
ここ時点で焦げが酷ければ同じ作業をもう一度繰り返します。
この写真位なら重曹かル・クルーゼ専用のクリーナーを使用して
汚れは落ちます。
f0166084_0243030.jpg


すごくないですか?
この「回復力!!」
元通り、ツルピカハゲマル君状態で綺麗な琺瑯が復活です♪
感動しきり☆
f0166084_0244030.jpg


はじめて焦がしてしまったけどきちんと手順通りに扱えば良いって実感しました。

このソースパンはこの後も活躍していますよん。
[PR]
私の購買意欲はこんなモノたちにくすぐられてます☆

オーブン用庫内計
f0166084_2323509.jpg

オーブンって表示温度と実際の温度と違う場合があるんですね。
庫内計で計ってから使用すると安心できます。


微量計
f0166084_2323344.jpg

0.0グラム単位で計る事が必要な場合があるので早く
欲しいと思いつつも以外と高価なもの(泣)
家には2台あるけど0.0グラムは計れない。
これは0.0グラムから3キロまで計れる優れもの。
コストコで激安発見して即買い!


マギーキッチンサイエンス
f0166084_23301054.jpg

料理と科学の参考書的なもの。
パン作りをされているブロガーさんの所で拝見して気になって
アマゾンで即購入しちゃいました(笑)
内容は食材や料理法を科学的に分析しているのでとっても勉強になります。
でも800ページもあるので少しづつ気になるページを見ています。


そして今年初めに買ったもの。
f0166084_23382191.jpg

私の料理に対する考えを変えるきっかけとなったもの。
水島弘史先生の洋食のシンプルルール。

庫内計も微量計も購入するきっかけとなったのは水島弘史先生の料理教室に
通うようになってから。
水島流で作るお料理はとにかくシンプル。
素材の味を活かしつつ優しい味に仕上がります。

最近はこの本のお料理を庫内計と微量計を駆使して
片っ端から作っている今日この頃であります。
[PR]
なんでも道具から入る私達夫婦(笑)

そんな私がとっても欲しかった「有次」の薄刃包丁。

本店は京都にあるので行けないが高島屋にコーナーがあり何度か足を運ぶ。
本物を目の前にすると「こんな立派な包丁、私なんかが使っていいんだろうか?」
と、とても考えてしまい、銀杏のまな板だけ買って帰って来ていた。

片刃が欲しかったのだけどやはり私にはもったいないと思い
家庭でも使いやすい両刃を購入する事に。
f0166084_0213745.jpg


全てが職人さんの手作りで丁寧に作られている。
大事に使えば一生物の道具。
歳を重ねるごとに少々高くても良いものを一生大事に使おうと
思うようになってきた。
有次にはそんな道具がたくさんありほしい物だらけで困っちゃう!

使い始めて半月経過。
感動の嵐の連続。
切れ味はもちろんの事、野菜が潰れない。食感も全く違う。

包丁で食材にこれだけ変化が出るのかと驚いた。
今日は自分で研いでみたけど切れ味UP!!
鋼はとっても研ぎやすい。
切りものはもともと好きだけどこれから更に楽しくなりそう♪

今日はかつら剥きを練習したけど難しい・・・。
f0166084_030475.jpg


均等にいかず厚みもバラバラ。途中で切れるし・・・(泣)
ま〜数回やって完璧に出来るほうがオカシイんだからこれからがんばろう〜!
(自分で慰めてみてます)

今夜はせん切りにした大根サラダにしましたがまだまだ太いね〜。
もっと細く切りたいな〜。
f0166084_0501930.jpg

[PR]
ちょっと前にドラマ「おせん」がやっていた。
アパチャイと2人ではまって見ていた。

ミーハーな私達は気になると真似して色々と試していた。

その中に「鰹節」があった。
すっかり忘れていた。子供の頃に鰹節を削っていた事を。

もちろん無性に削りたくなった。
が、残念な事に私の実家では削り器は処分していた。

アパチャイが実家から眠っていた削り器を借りてきてくれた。
アパチャイも子供の頃削っていたらしい。昔はみんな自分で削ってたんだね。
f0166084_1165145.jpg


早速、鰹節を買ってきて削ってみたものの上手に出来ず粉になる(泣)
歯を研いでみたり微調整しても上手くいかない。

そこで以前、粉出汁を購入した築地の「伏高」さんの鰹節削り講習会に伺いました。
2名だけで行ってくれる予約制。
鰹節のいい香りのする店先で練習開始です!!

大事なのはやはり「刃」の出具合と削り始めの位置と角度です。
持参した削り器を何度も何度も調整してくれました。
f0166084_11144525.jpg


そして削ってみると・・・「シャ、シャ」と高い音がします。
f0166084_11161161.jpg


アパチャイ練習中〜
f0166084_11171169.jpg


おかげさまで粉ではない「鰹節」が削れるようになりました。
子供の頃はイヤイヤ削っていたのに今は楽しい。
これからは削りたてを楽しもう♪

f0166084_11201780.jpg


店頭に並ぶのは薄くて透き通った鰹節。でもこれは機械で削るそうです。
f0166084_11212124.jpg


何度も練習で削らせて頂いて、削った鰹節はお土産にいただきました。
これで「無料」なんていいんですか〜???
もちろん節も購入しました。
これからも買いに来ます!!伏高さんありがとうございました。

鉋の刃は刃物屋「杉本」で研いでもらって更に削りやすくなりました。
f0166084_11553071.jpg


お留守番をしてくれてたエアーにお土産用の鰹節でおやつです。
エアーも鰹節が大好き!粉になったのは捨てずにエアーのごはんに混ぜて使います。
f0166084_1129148.jpg

[PR]
不思議な木の器・・・お・ひ・つ

f0166084_23582581.jpg

今月始めに我が家にやってきました。

以前、ケータさんのお家でお櫃に入った混ぜご飯を頂きそのご飯に感動〜〜。
炊いたご飯を入れておくと翌日でも翌々日でも固くならない不思議なお櫃。

と・う・ぜ・ん・私もお櫃が欲しくなる。

島つながり・さすけさんのお父さんが桶職人さんなので
お願いして作ってもらいました。

小振りで可愛くていい香り〜♪

炊いたご飯は冷めると固くなって美味しくないけどこれはモチモチ感持続ちゅう〜。
ご飯好きにとってはたまらん!!
f0166084_023158.jpg


f0166084_042194.jpg


器はご飯を入れるけど蓋も器として使えるそう。
カチワリ氷を入れてお刺し身が良いと教えてもらいました。
確かに素敵!!

これからも大活躍してもらいましょう。
頼むよ、おひつくん!!
[PR]