カテゴリ:小笠原( 27 )

いやいや、すっかりサボってしまい更新せずにおりました・・・。
訪問して下さっていた皆様すみませんでした。

では、小笠原諸島シリーズの続きを!

小笠原にはたくさんの固有動物もいます。

小笠原諸島母島にしか生息していない特別天然記念物でもある「ハハジマメグロ」
目の回りが黒いんですよ。

f0166084_1264527.jpg


頭部がうっすら赤くなっている「アカガシラカラスバト」

羽を広げると1メートル近い大きなコウモリ「オガサワラオオコウモリ」果物等を食べるのでフルーツバットとも呼ばれてます。

他にも爬虫類など合わせると動物固有は400種ほどいるようです。
さらに魚類や陸上貝類では300種だそうです。

素晴らしい財産ですが一方で外来種などにより
残念ながら絶滅、もしくは絶滅危惧種になってしまっている種もあります。

f0166084_12341576.jpg


ヤギはその原因でもあります。ヤギは昔、家畜として島に連れてこられました。
いつの頃からか野生になり繁殖を繰り返しています。
山の道を車で走っているとよくヤギを見かけます。こんな看板も。
f0166084_12355058.jpg

ヤギは貴重な植物を食べてしまうのです。
彼らは貴重な植物と知らず命を繋ぐ為の摂食行動なんですよね。
ヤギに罪は無いと思うんですよね。人間がした事だから。

他にも昆虫を食べてしまうグリーンアノールと言うトカゲもいます。
f0166084_1318398.jpg

なんとなくカメラ目線だし・・・

オガサワラトカゲも補食されており被害を受けてます。
f0166084_13184321.jpg


村は捕獲をしています。
島の自然、固有種が守られます様に。
[PR]
by air1222 | 2011-08-17 12:04 | 小笠原
海が続いたので陸にシフトです。
父島の入り口は写真右手の海側から。自然に出来た素晴らしい入り江です。
f0166084_14565096.jpg


東京からのアクセスのみで「おがさわら丸」に乗船し、25時間半(定刻の場合)かけて到着する
二見港です。
f0166084_1459264.jpg

ザトウクジラのモニュメントもお出迎えしてくれます。
f0166084_15232399.jpg


母島へのアクセスは「ははじま丸」で約2時間。
おがさわら丸の後方にある船で移動します。
f0166084_1524491.jpg


父島は人口約2000人程ですが若い世代や子供がとても多く過疎化はみじんも感じません。
島は港に近い東町、西町に官公庁や民宿、ペンション、サービス、ショップがたくさんあります。
少し離れた所に奥村、二見、宮の浜道。山の中では境浦、扇浦、小港などがあり人々の生活の場になっています。

海尽くしの生活だったので山の写真が無いのですが・・・
写真があった固有種をご紹介しますね。

出会う事が多いのがこの「タコの木」山、町で見れます。
木の下の方がタコの足の様にいくつも分かれています。
f0166084_15281395.jpg

青い実を着け熟すとオレンジに。木になるパイナップルのようです(笑)
この実1つづつは固い繊維質に覆われていて中に入っているのは木の実。
とっても小さいサイズ(松の実の様な感じ)でかなり昔は味噌ピーの様にして食べたんだそうです。
f0166084_1531237.jpg


「マルハチ」
f0166084_15441368.jpg

よーく見ると丸い中に漢数字の「八」が逆さまになっている様に見えませんか?
マルハチの由来なんですよ。
f0166084_15451738.jpg


「ムニンヒメツバキ」
白い可愛いツバキ。小笠原村の花でもあります。
5〜6月のシーズンになると白いツバキが満開になります。
f0166084_15483186.jpg

「オガサワラビロウ」
ヤシの仲間です。
この葉を刈り取り干して休憩所の屋根にしていたけど今もしてるのかな?

f0166084_16143915.jpg


植物固有種は他にもたくさん(150種)あります。
今となってはもっと記録しておけば良かった〜と後の祭り(笑)

固有種ではないけれど植物写真をいくつか。

少し山中をハイキングするとワラビ畑があります。
春先にここでワラビを採って季節を感じてました。
f0166084_16181917.jpg


パッションフルーツの花。不思議な花でしょ?
f0166084_16195871.jpg

青い実が熟して赤くなってきます。なんともいえぬ良い香りで大好きなフルーツです。
f0166084_162039100.jpg

スターアップル。
こんな風になっていてびっくりしました。
f0166084_16212778.jpg

アセロラの花。
小さくて赤い実をつけます。甘酸っぱくて美味しい実です。
f0166084_18382491.jpg

「ランタナ」
小さくて可憐。私の好きな花です。

と、ご紹介していましたが・・・
なんと!!!ランタナは外来種で問題視されているとの事!!!
こちらでも見かけるのでかわいいな〜などと島を思い出していましたが繁殖はNGなんですね。
綺麗で可愛い花だけど島で生きていくのは適切な場所ではなかったんですね。
f0166084_18395849.jpg

勉強になりました。
Mちゃん、教えてくれてありがとうございました!!


私達が居た頃は規制もあまりなく色々な場所へ行けましたが
今は自然を守るルールがたくさん出来てます。
ガイド無しでは入れない地域もありますがその取り組みが素晴らしい自然を
守ってくれるのだと思っています。


photo by あぱちゃい&えあー
[PR]
by air1222 | 2011-07-03 18:51 | 小笠原
イルカと来たらやっぱり鯨かな〜。

小笠原で多く見られる鯨は2種類。
ザトウクジラとマッコウクジラです。

まずはザトウクジラ。雌は14メートル、雄が13メートルぐらい。
雌の方が大きいのです。冬から春(12月〜5月頃)にかけて南下して来ます。
目的は繁殖、出産、子育てがメインです。
比較的島に近い浅い海域で見れます。

f0166084_13181590.jpg


ブリーチング(水中から巨体をジャンプさせそのまま水面に落ちるという行動)
スゴイ迫力なんですよ。
時には何度も連続して見られる事も!
f0166084_12221468.jpg

産まれたばかりの子クジラもお母さんの真似をしてブリーチングもどき。
でも、上手く出来ないのよね〜。可愛い〜♪
可愛いといっても産まれた時から4〜5メートルあるのでデッカイです!
f0166084_12255142.jpg


ペックスラップ(胸びれを上げて水面に叩き付ける行動)
f0166084_12271799.jpg

ヘッドスラップ(頭部を水面に出し打ち付ける行動)
f0166084_12273014.jpg

メイティングポッド(繁殖の為に戦う雄の集団)
f0166084_12274925.jpg

f0166084_1247541.jpg

1頭の雌をゲットする為に雄同士が激しい戦いを繰り広げ、勝者の1頭が雌と交尾が出来る。
クジラの雄も大変だ〜。女としては雌クジラ羨ましいけど〜(笑)

母と子
f0166084_1352824.jpg

子クジラ
f0166084_1345381.jpg

フルークアップダイブ(潜る前に尾ビレを高く上げます。この尾が個体識別に役立っています。
f0166084_13244513.jpg


そしてマッコウクジラは島から離れた水深1,000m以深の外洋域で
雌と幼鯨からなる繁殖育児群を主に周年見る事が出来ます。
ただ海の静かな時期でないと厳しいです。

マッコウクジラは雄の方が大きく17メートル、雌は12メートル程になる。
体長の1/3程が頭部でザトウクジラに比べて胸びれも小さくアクションも少ないけど
この海域では運が良ければマダライルカやコビレゴンドウ等の鯨類も見れる事があるんです!
f0166084_13284317.jpg

深海(2000メートル)に潜れるので一度潜ると待ち時間が長い(笑)
f0166084_13321644.jpg

なんとクジラから寄って来た!!歯クジラだからちょっと怖いよね。
f0166084_13333157.jpg

エンジンを切っている船に興味津々?の子クジラが触れる位近くに寄ってきます。
f0166084_13482632.jpg


小笠原では複雑な捕鯨の歴史もありました。
が、今では自主ルールを作り鯨達と人間が上手く共存しています。

これからもこのままであります様に。




photo by あぱちゃい&えあー
[PR]
by air1222 | 2011-07-02 12:20 | 小笠原
勝手に祝・小笠原特集です(笑)
在島中の記録をご紹介したいと思います。
写真が下手ですいません。本当はもっと綺麗な島です

小笠原諸島は東京から南に1000キロ離れた場所、亜熱帯に位置します。
「海洋島」と言い一度も陸と繋がった事のない島です。
だからこそ独自の環境で山にも海にも固有種が多くあります。

紺碧の綺麗な海はいつ見ても深呼吸したくなるのです。
私はこの海の虜になった1人です。

ピタリと時が止まったかのような海面は鏡のようなんですよ。
f0166084_041690.jpg


船首で写真を撮るあぱちゃいが移り込むほどの静かな海面なんです。
f0166084_010371.jpg


こんな綺麗な海にたくさんの生き物たちがいます。
こちらは誰もが笑顔になってしまう不思議な生き物。
イルカです。

小笠原でよく見られるのは2種類(他にもいます)
「ハシナガイルカ」
たくさんの群れをなしています。
人と遊ぶ事はごく稀ですがきりもみジャンプをしたり
舳先で一緒に泳いだりと観て楽しませてくれます。
f0166084_0194922.jpg
f0166084_0181130.jpg
f0166084_0205711.jpg



もう1種類は「ミナミハンドウイルカ」
こちらのイルカ達はドルフィンスイムで遊んでくれるイルカです。
ダイビング中も突如現れてくれる事が多々あります。
でも、自然の生き物だから必ず遊んでくれるとは限りませんよ〜。

f0166084_0274887.jpg

f0166084_028722.jpg

f0166084_0282648.jpg


「一緒に遊ぼっ♪」って言ってるみたいに見えちゃうのは私だけ(笑)?

こちらのイルカ2種類は固有種ではありませんが小笠原の貴重な鯨類です。


photo by あぱちゃい&えあー
[PR]
by air1222 | 2011-06-30 00:44 | 小笠原
2011年6月24日
東京都小笠原諸島が世界自然遺産に登録されましたね。
おめでとうございます!!

f0166084_23384888.jpg
円縁から南島を望む


小さな小さな島なんです。けど、凄いんです。本当に。
住めば住む程実感します。
23歳から通算10年間暮らしたからこそそう思うのかな。

素晴らしい島が世界遺産に登録されたのは素直に喜ばしいです。
でも、反対に問題もたくさんあると思います。
きっとこれからが本当のスタートなのかな。
携わる方々に頑張って欲しいです。

過去に撮っていたへたっぴな写真を選びながら少しの間
「祝・小笠原諸島」特集しますね♪

小笠原って???どんな所???はコチラからどうぞ〜☆
[PR]
by air1222 | 2011-06-28 23:52 | 小笠原
昨日は島つながりのお友達えっつあんが遊びに来てくれました♪

えっつあんが素敵なお花を持って来てくれました〜。
f0166084_22585928.jpg


このお花えっちゃんがお庭で育てた薔薇なんですよ〜!!
白やピンクや黄色の優しい色合い。
お家に咲いたお花をプレゼントでいただくって素敵だな〜って思いました。
こんなに綺麗な薔薇を育てるなんてすっごい!!感動です〜。

とっ〜てもイイ香りがするんです!!今日も1人で癒されてました(笑)


昨日はスパイスから作るチキンカレー、キーマカレー、スパイスライスなどと
それに合うサイドメニューなどを一緒に作ってランチしました。
でも、準備が悪くてごめんね〜。写真撮るのもすっかり忘れてました〜(笑)
食べて飲んで笑ってしゃべって時間があっという間!楽しかったな〜♪

「俺とも遊べ〜」のうるちゃいエアーともたくさん遊んでくれてありがとう〜♪
今度は大五朗くん、小鈴ちゃん、L君に会いに行くからね〜(笑)
また遊ぼうね〜♪♪
[PR]
by air1222 | 2011-05-13 23:18 | 小笠原
東京から1000キロ離れた小笠原父島よりお届けものを受け取りました。
綺麗に並んだミディトマト。

f0166084_23172775.jpg


まるで赤い宝石のよう。
トマト本来のちょっと青いような香りとジューシーさがたまりません。
何も手を加えずに本来の味を楽しむのが好き。

早速夕飯で美味しくいただきました。
ごちそうさまでした。たくさんありがとうございます。
[PR]
by air1222 | 2011-03-07 23:24 | 小笠原
一夜明けて早朝の海の色。
f0166084_11232.jpg


まだ、碧ね。
[PR]
by air1222 | 2010-04-28 01:40 | 小笠原
出港してからしばらくデッキに居たけどそろそろ部屋へ。

エアーはまたしても・・・。
f0166084_16155420.jpg


監獄ペットルームです。
[PR]
by air1222 | 2010-04-27 16:33 | 小笠原
4月6日 
午後14時に二見港から東京竹芝桟橋へ向けておがさわら丸が出港します。
25時間半後の7日15時30分に到着予定。

港に行くのが遅かったのでお見送りに来ていてくれたみんなとゆっくり挨拶も出来ぬまま
船に乗る事に。
Kちゃんの顔を見た途端、悲しい気持ちが一気に溢れ出し 涙、涙。
乗りたくないけど乗らなくちゃ。
銅鑼の鐘が鳴り船が「ボーーーーッ」と汽笛を鳴らし出港。

おがさわら丸のデッキから見た二見港のお見送りの人々。
f0166084_15461910.jpg


帰りたくないな。
[PR]
by air1222 | 2010-04-27 16:13 | 小笠原